嗣希創箱の消閑

小説、落書き、二次創作、etc…。 あなたの暇潰しのお供にどうですか♪ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

《りりかるーぷ》1-4

《りりかるーぷ》1-4



前話/次話





 ◇◆◇◆◇



 ――アリサと付き合い始めてから、すでに八年という月日が流れていた。

 そしてその日の俺は、大学でちょっと教授の手伝いで遅くなってしまい、気付けば夜。季節も春から夏へと変わるような、深夜でもけっこう暖かくなったなぁと感じる、そんな時に――



『今からウチに来て』



 アリサが、言った。

『あ、あんたの誕生日、明日でしょ? えと……ぷ、プレゼントあげるから、今日中に来なさいっ!』

 プツッ……。

 ツー……ツー……。

 とりあえず、耳に当てていた携帯で時間を確認――ってオーイ!? もう後一時間も無いじゃんかー!

「…………ちくせう。貧乏学生にタクシーは痛いってのに」

 ため息を一つ。俺はガリガリと頭をかき、歩くだけなら申し分ないぐらい回復した両足を不格好ながらも加速させ、一番近いタクシー乗り場に駆け込むやバニングス邸へと車を急がせた。

 そして、

「遅いわよバカっ!」

 アリサの部屋に転がり込むやコレだ。…………ちくせう。

 俺は額の汗を拭いつつ笑ってしまう膝を折り、ドカリと床に腰を下ろした。この……相変わらずの、傍若無人ガールめが……。あ゛~……疲れた~……。

「ちょ、ちょっと……! なに、そんな所で寝てんのよ……!?」

 そういう彼女はベッドの上でシーツにくるまってます。…………ちくせう。

「はぁ……、はぁ……。わ、悪い……。ぜ、全力、で……はぁ、駆けて、はぁ、来たから……」

 悪く無いのに謝るのはデフォです。……うん。本当に…………ちくせう。

 俺は荒い息を整えつつ「だ、大丈夫?」……なんて言うか、こういう彼女のちょっとした優しさだけで『まぁいっか』って思えて来る辺り、俺も末期だよな。

「……ふう。……で、何か、用?」

 携帯で時刻を確認しつつ問う。うん。あと五分も無いね。……あ゛~、疲れた。

「よ、用って……。だから、雅樹に……ぷ、プレゼントを……!」

 あ~……そんなこと言ってたね。っていうか、ソレ、明日じゃダメなのか?

 俺はそしてヨロヨロと立ち上がり、何故か頬を紅潮させながらベッドから出て来ない彼女のもとへ。

「で? ソレ、どこ……?」

 まだまだ短気な人には怒鳴られることの多い――それでもアリサとの付き合いでかなり改善された――若干くぐもった声で問うと、

「だ、だから……………………『あたし』」

 アリサは、真っ赤な顔してシーツを肩まで下ろし――ってぇぇえええ!?

 俺、パチクリ。そして彼女の、僅かに桃色がかった肩や首筋の肌色に釘付けに。ちょ、ちょちょ、ちょっと待っとぇえ!?

「ま、まさか、下……」

 ゴクリと、生唾を飲むのも仕方ない。

 だ、だって俺たち、まだそういうのはしたこと無いし!? 前世も込みで完全無敵のチェリーボーイたる俺は、だから、リアル美少女との肉体関係なんて「……は、裸よ」――ごめん、無理。今すぐ頂いちゃダメですか? ハァハァ。

「あ、でもまだ……。雅樹の誕生日プレゼント、だから……」

 ……可愛いジャマイカ。

 俺の彼女は世界一ィィィイじゃないか!?

「え、えと……。でも、俺、初めてで……」

 恥ずかしそうに俯くアリサに、こちらも照れと緊張から顔を真っ赤にして言う。……く! こ、こんなことならコンビニでコンドー「あ、あたしだって初めてよ……!」――うん。もうね、反則だよね。

 うん。俺は、またゴクリと喉を鳴らし「あ、アリサ……」と熱病にうなされたような声で彼女を呼び、その大きなベッドに片膝を乗せて近付いた。

「ぁ。あ、あと二分あるから……。だから――」

「じゅ、十二時に、魔法が解けたりしないのか?」

 手を伸ばす。それだけでビクッと身を竦ませる彼女に僅かに躊躇い、それでも欲求には抗えずに彼女の剥き出しの肩に触れた。……ああ、生きてて良かった。

「……アリサ。でも、良い、のか? まだ、俺、おじさんに――」

「ぱ、パパは説得したわ! って、てて、て言うか、こんな時に何言ってんのよ!」

 キッ、と。涙目で睨まれ、たまらず視線を逸らす。

 そして、

「ごめん……。でも、俺……やっぱり、キミを大切にしたいから」

 また、苦労して視線を彼女に合わせ、

「……ごめん。や、優しくはしたいけど……。せ、責任だって取るけど……。でも……」

 良いのか? こんな俺で?

 果たして、その問いにアリサは――

「ば、バカ……! あ、あたしはあんたじゃなきゃ――雅樹が好きなの!」

 だから自信持ちなさい。

 そう彼女が言うや、部屋に置かれた大きな時計の鐘が鳴り、

 アリサは瞳を閉じて体を隠していたシーツをはだけさせ、

 そして俺は――





 暗い、病室の天井を見上げるようにして目覚めた。





「……………………え?」

 俺は――転生、した。





前話/次話
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。